2012年4月25日 (水)

母を連れて、買い物

今の母は、長い距離は歩けないので、この半年は、週に1回は母を連れて買い物に行っています。
母は、以前のように満足に歩けないので、悔しい思いをしていますが、なぐさめるしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

母親の手伝い

家の庭木の消毒作業をして、買い物に同行した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

60年ぶり

今日は母を展示会に連れていく。よかったと言われてうれしかった。また帰りに母が山口市で60年前に勤めていたお店の経営者(経営者が当時は幼稚園児)と感動の再会できた。少し親孝行できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

毎日、母とは5分しか会話ができていない

連日、残業が夜0時を回ると、母とは会話もできない。
朝の出かける前の5分しか話ができない。

「おはようございます」
「体、だいじょうぶ?」

程度の会話。
なんとかしたいが、なんともならない。
心配をかけたくないから、仕事の厳しさも話ができない。
でも、わかっていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

朝だけの会話

仕事が忙しく夜中に帰宅。母とは朝の会話だけ。笑顔を見せる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

母を連れて、ホームセンターへ買い物

3月中旬より、休みがない日々。せめてもの思いで、午前中に母を連れてホームセンターへ買い物へ。
亡き父が作ったチリトリが、壊れたので購入したいとのこと。
水に濡れtもよいプラスチック製を購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

母を連れて、防府市立向島小学校の満開の寒桜へ

喜寿となった母を連れて、母を連れて、防府市立向島小学校の満開の寒桜へ。
防府市指定天然記念物の寒桜です。
多くの人が訪れていました。
母も喜んでいるようでした。
また、高齢者施設の車も来られていて、車いすの方も、早い花見を楽しんでいらっしゃいました。
防府市文化財の該当ページはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

山口県防府市の災害

大変な被害となりました。地元、防府のことでもあり、悲しく思っています。
今回の災害で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
また、被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

今回の被害も弱者に集中したように思います。
あの老人ホーム「ライフケア高砂」についても、近所の方も入居を検討されたことがある方やデイサービスで使用していて、たまたまその日が該当の日ではなかった方の話も聞き、他人事では思えません。
日常からの災害への対応をしっかりと準備することの意味を今一度、確認する必要性があると思います。

また、ある地域では、高齢者を事前に避難をさせて事なきを得たという情報も聞きました。
地元の方のお話では、普段から地域コミュニケーションがとれている地域だということです。
まだ、詳しい情報はありませんが、しっかりと学んでいきたいと思います。

防府市の災害については、こちらにも掲載しています。
...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

友達が語った大事なこと

先日、突然お母さんが、亡くなった友達のお通夜に駆けつけました。
追善回向をしたのちに、
悲しみの中で、友達が私に語ったことは・・・

「昔の人は言ったが、
どんなにしても後悔するとは思うが、
親が生きているときに、しっかりと親孝行をしたほうがいいよ」

「毎朝、一言挨拶をする 夜、挨拶をする
その何気ないことが、大切だと思う。
その何気ないことの積み重ねで、いろいろなことがわかると思う」

胸を打たれました。
忘れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

コンビニとよろず屋

防府市鞠生町にセブンイレブンができてびっくりしました。桑山温泉の向かい側ですね。
以前は店舗があったと思われますが、いきなりのセブンイレブンの看板に驚きました。
コンビニ一つで町の風景がかわります。

以前からは地区ごとに酒屋やよろず屋があり、お酒の他にもタバコ、駄菓子、日用雑貨、文具の他にも、以前はバス停の前が多かったのでバスの切符も売っていました。地区の中心となっていました。

しかし今はコンビニに変わってきて便利になりましたが、おじさんやおばさんの明るい笑顔や談笑の姿は、ありません。誰でも話せる井戸ばたのような、家庭と家庭が交流できる地区の拠点が今は不在なのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本のご紹介「最強!会話術」